なんだかんだあるけど、眞子様には幸せになって欲しい(不幸になっても誰も得しない)ので、小室さんにはなんとか成功して欲しい。

100点満点でなくても60点の人生で良い。二人が納得すれば良い。

一時金は受け取って良い。ここぞと言うときに使って欲しい。それでも苦しいときに、妹弟に相談できる良好なご関係でありますように。

小室母子の縁を切ってでも、世間を敵に回してでも、お二人で乗り越えて欲しい。


Google が、統計モデルとAIを組み合わせて、今後4週間の感染確認者数・入院病床数・死亡者数の予測を公開し始めて、一ヶ月が経とうとしています。

こういうモデル計算は、単に統計が分かるだけでは機能するモデルは作りにくく、疫学や人間行動学など、感染の増減を左右する全ての要素に精通した複数の専門家が協力してモデル作りをする必要があります。

Googleの計算の詳細は分かりませんが、おおよそ私の思いつくことは全部考慮されていると思っています。

ただ、少し気になるのが、どうも誤差を過小評価しているように見えます。実際、数日に一度、前日とは大きく異なる予測を示した後、また元に戻るような振る舞いが見られ、系統誤差をもっと大きく見積もるべきだと思いますし、部分的には統計誤差も過小評価されているようにも見えます。さすがにこれは私の勘違いである可能性が高いと思っていますが、そう見えてしまうので、後で恥をかく覚悟で書いてしまいます。


この手の計算は、計算自体はそれほど大変ではないので、弊社でも計算ができるのではないか、という問い合わせを頂いています。確かに計算そのものは可能ですが、先にも述べているように、私はこういった「計算モデルの構築」においては「専門家の長年の経験と、そこからくる直感」をとても重要だと思っております。私のような素人が上辺の数字だけ計算だけできても混乱を招くだけです。特に人の生き死にに係わる数字は、野球の勝敗とは社会に与える影響の大きさが全く違います。

国は、もっともっと早い時期に、専門家集団を5チームほど編成して、スーパーコンピュータを用いて5つのモデルでの予測を毎日行い、最悪の事態の想定と、最善のシナリオへの誘導を検討すべきだと思っています。気象予報では既にそうした計算体制が確立されており、台風の進路や大雨の予報が数日前から高い精度で発表されています。新型ウイルスの長期予報でそこまでの精度は当然出せませんが、こういうモデル計算による予測を元に、ある意味機械的に政策を決めていかないと、政治家の決断の遅れのせいで、あっという間に感染者数が爆発することもあり得ます。そうした政策がとられないまま登場したGoogleの予測計算は、民間指標の1つになり得ると思われましたが、まだその水準に達していないように見受けられます。その扱いにはメディアも少し慎重になって欲しいと思います。


ただ、こうした数値の公開を始めたGoogleには、多くのノウハウが蓄積されて行くので、今後予測精度は上がっていくと思います。もし3月に政府や有識者会議がこういったモデル作りを始めていたら、今頃、200日分のノウハウが蓄積されていたはずです。何事も後手後手の政府には本当にがっかりです。


健康管理にウォーキング・ジョギングをやっていたのと、ドラクエはⅠの発売時期が小学生だったという「ドンピシャ世代」なので、ドラクエウォークをやっております。

このゲームは「ウォーク」を謳っているように、イベントをこなすために実際に移動しなければならないゲームです。ポケモンGO に似ているかもしれません。

ゲーム中では、1回300円(無料でも限られた回数のチャンスが貰えます)のガチャで、イベント期間中に強い武器(イベント武器)を引かなければ、その期間のイベントに事実上参加できません。もちろん、イベント武器が必須というわけではありませんが、代わりに膨大な(有料)アイテムを消費したりと、どのみち課金の必要が出てきます。

そのガチャで出てくるものは、大きく分類すると

  • ★3アイテム(70%) → ハズレ
  • ★4アイテム(23%) → まあハズレ
  • ★5通常アイテム(5%) → 当たりだと思わないとやってられない
  • ★5イベント防具(1.6%) → 当たり
  • ★5イベント武器(0.4%) → 本当の当たり! イベントに参加できるぞ!

という感じなんです(イベントに依ります)。

★4はフルに限界突破させて高難度イベントなどで属性がぴったりはまると、ピンポイントで使えたりしますが、そういう特殊な状況以外でまず出番は無い。

長期プレイで、まあまあ継続するのに必要な★5以上を「当たり」と考えても、★5を引くのにかかる期待値は、300円 ÷0.07 = 4,286円。

最近、1,500円で10連続ガチャを引けて、そのうち必ず★5が1つが出るイベントがあるのですが、これで ★5 が出る期待値は、9×0.07 + 1 = 1.63。1,500円÷1.63 = 920円! 高い!? 安い!? 感覚は人それぞれですが…。イベント武器限定で考えると更に渋くなり、期待価格は 11,500円。あれは、1,500円じゃない。11,500円の「1,500円分」の切り売りなんだぞ、と。後述する「普通に購入」よりはだいぶお求めやすいチャンスですが、1回きりですしね。

ゲームとしてイベントを普通に楽しむために必要な(個人の印象です)イベント武器だけを当たりと考えたとき、その価格は 300円÷0.004 = 75,000円! これはさすがに高いっしょ!? ドラクエ本編が全部買えるのでは!?

ところがですね。100連引くと、イベント武器が20%の確率で出るという、スタンプ制度があるんですね。運営優しい! これは、60回目も★5確定なので、イベント武器を引く確率は6%ぐらい。この100連をやると、イベント武器を引ける期待値は、98×0.004 + 0.06 + 0.2 = 0.652。おお、これでも65%しかないんか! 渋い! 100連って3万円やぞ! イベント武器の価格期待値は、3万円÷0.652 = 46,012円 単発で引くより安いけど、ゲーム機本体が買える!

というわけで、もう一度アイテムランクを、キャンペーンを駆使した期待価格でまとめると

  • ★3アイテム → 0円
  • ★4アイテム → 0円
  • ★5通常アイテム → 4,286円
  • ★5イベント防具 → 11,503円
  • ★5イベント武器 → 46,012円

いや~、ガチャゲー課金の金銭感覚って2桁ずれてない? 子どもはプレイできないのでは…?

無料ガチャで引く★5のありがたみが分かりますね!

ま、無(理のない)課金で楽しみましょう~


アメリカでは8月から公表されていた、Google の新型コロナウイルス感染者数推移予測ですが、11月18日に、日本でも公開され始めました。

こうした予測がGoogleから出されるのは、アメリカに次いで日本が二番目だそうで、こういう「炎上リスクの高い」コンテンツを、日本で公開するのはさすがGoogle先生だと思います。

それよりも心配なのは、今朝の日本のメディアの受け止め方です。

「今後1ヶ月で500人が死ぬ」だとか「年末には首都圏の重症患者数が受け入れ体制を越える」だとか、表面の数字で不安を煽る衝撃的な言葉でテレビを賑わせ、コメンテータはこの予測が当たるかハズレるか、適当なことを喋っています。

たしかに、このようなデータはきちんと解釈するのが難しい情報でもありますので「見える数字だけを見て、表面的な恐怖を煽って、視聴率を稼ごうとする」のはマスメディアの宿命かもしれませんが、ここの常連さんはもう少し冷静に見ていらっしゃることと思います。


Googleのこのモデル計算も、その複雑さや根拠の正確度の違いはあれ、当サイトの「プロ野球優勝確率」と根本は同じものだと私は考えています。つまり「予想じゃなく現状」の記事でも取り上げましたが、統計モデル計算は、皆さんの考える「予想」「予測」よりも、「現在の感染拡大は、こういうペースです」という「現状」を表している、と解釈する方が、実生活で使う言葉の印象としてはしっくりくるのではないかと思います。予想が当たるかはずれるかという話では無いのです。

これが、台風の進路のように、流体計算のような「ある程度完成された計算モデル」があり、それ以外の影響がほとんどない気象現象に対する予測であれば、予報としての効果があります。

しかし、現状の感染症対策の場合、そこまで完成された数理モデルはまだありません(もちろん多くの研究者が頑張っておられますが)し、人々の行動や世界経済、政府の対応など、今後変化する条件も複雑に絡んできます。そのため、ある程度の根拠のある数字だが、未来を予測できるものでもないと思います。この表現、このサイトの常連さんには、ある意味「慣れた状況」だと思います。ですから、このGoogleの数字も、予測と捉えるよりも、「現状、何もしなければこうなるペース」という「現状把握」の目安として用いて欲しいと思います。そして、政府や自治体の見通しが厳しめなのか甘めなのかを、ひとりひとりが評価する材料として、とても使いやすい指標だと思います。

「今日の感染者数が何人だった」と、曜日によっても上下する数字をいちいち気にするより、「今、このまま行けば、こうなるペースなんだな」と、より大局的に現状を把握するのに良い指標だと思います。

そして、ある程度悪いシナリオを覚悟しつつも、もう一度「集・近・閉の回避」や「マスク・手洗い・うがい」などの基本予防策を強化して、ペースを鈍らせる努力に一層注力し、予測を下回る現実の未来を日本全体で実現させましょう。

Googleの計算が当たるかハズレるかではなく、私たちのちょっとした努力の継続で、この予測を下側に外すのです。ついでにインフルエンザの予防にもなりますしね!


幾つかの地域で急速な感染拡大が進んでいますが、政府の動きは(個人的には)非常に遅く感じます。いつまでも「現在、まだそのような段階にはない」と言っていますが、政府は本当に現状を把握しているでしょうか。

いわゆる「第2波」が、特に強い政策がないのに一旦収束方向に向かった事もあり「今回も大丈夫なのでは?」という希望的楽観論が多く見受けられます。もちろん、日本では第1波も「自粛」だけでなんとか乗り越えており、欧米にはない「何か」感染を防ぐ風土があるようにも思えます。

ただし、今回のGoogleの計算は、こうした日本独自の感染傾向も考慮したうえでの計算のようです。

志村けんさんをはじめとして、半年の間に多くのお元気な方が亡くなっている病気です。現状を正しく把握した、細やかな政策転換の材料にして欲しいと思います。


大阪維新の会の実績は概ね評価されながらも、大阪都構想は2回目の住民投票も否決されました。

私は大阪府民でも大阪市民でもないのですが、だったらこれに言及する権利はないという事はないと思いますので、少し戯れ言を書きたいと思います。


大阪都構想自体は、私は賛成です。メリットがあるから東京市と東京府は東京都になったわけで、大阪も同じメリットを享受すれば良いと思いますし、日本全体としても、東西の二大都市として名実ともに大阪を世界にアピールできたと思います。

ちょっともったいないと思ったのは、大阪維新の会の「メリット」の伝え方だった気がします。

具体的な数字までは覚えていないので、正しい例ではありませんが、大阪府と大阪市の二重行政の弊害として「府と市とが同じような場所に同じような施設を作っている」という時、反対した人の中には「同じようなものが重複しているのは無駄だとは思うけど、うちの近くの図書館や区役所がなくなるのは不便」と思ったのではないでしょうか。

二重行政の解消で何百億円が節約できるのは良いことかも知れないけど、目の前の図書館がなくなると困る。このように、大阪都へのメリットがデメリットとして有権者に伝わってしまった(維新側の言い方が市民目線ではなかった)のではないでしょうか。

本来は「大阪府と大阪市で似たような場所に似たような施設が建設されている。立派な図書館は1つあれば良い(1つは必要)。それを大阪都中央図書館に集約すれば、残りの予算で皆さんの近くに区民図書館が幾つも建設でき、生活はもっと便利になる」と言えれば、風向きはだいぶ変わったのでは? と思ったりします。

それを、財政再建や予算の無駄遣いを強調しすぎた気がします。政治としてはこれも重要な問題ですが、市民生活とは少し遠い話題です。

何もかも2つが1つに減るのではなく、2つ必要な物は大阪都が2つ作るし、効率よく作れば3つも4つも作れる、そういうメリットは無かったんですかね?


もう一つ気になったのが「大阪市が消滅する」という表現でした。これは、反対派がミスリードを誘って使っていたのかもしれません。大阪都構想では大阪市は「行政区分上」消滅しますが「大阪府大阪市□□区○○町」が「大阪都△△区○○町」に変わるだけです。市が都に格上げされ、基本的に町名は変わらないどころか、ほとんどの場合短く簡潔な住所になります。(法改正を経る必要があるでしょうが)

慣れ親しんだ地名が変わることに違和感を覚えることは自然な感情だと思いますが、そんなことでこの大改革の景気を逃してしまったのはとてももったいないことです。大阪(大坂)の街は、それぞれの時代に対応しながら柔軟に繁栄を続けてきました。この時代において「地名(区名)が変わるから」という理由だけで反対していた人達は、本当にもったいない事をしたと思います。


ともあれ、こういう大胆な改革は、勢いがあるときにしかできません。ちょっとした不備の微調整は今後の「普通の」市長や知事でもできます。勢いがあるときに大阪都、やっておいた方が良かったのでは?

もっと言えば、名古屋都構想とか、広島・岡山の合併とか(メリットがあるかどうか分かりませんが)、とにかく様々な議論が出てきた方が、より良い国造りができると思います。