いつも議論になる、クライマックスシリーズのアドバンテージについて、こんな案はどうでしょう?

シーズン終了後、上位だったチームが、2チームのゲーム差分、得点アドバンテージを得ることができる。得点アドバンテージを行使すると、初回に宣言した得点が入った状態でゲームが開始される。ステージ中、どの試合に何点行使するかは監督が決定する。(もちろん、ステージ中に行使できる得点アドバンテージの総計は、ゲーム差を上限とする)

具体的に、今年のセ・リーグのファーストステージを例に出してみる。ヤクルトと巨人の最終ゲーム差は 6.5 なので、得点アドバンテージは 6。( 7 にするか、13 にするかなど、議論の余地はある) 上位のヤクルトは、この6点のアドバンテージを、ファーストステージの最大3試合に自由に割り振って行使することができる。…としたらどうかな、という提案。

仮定の話で、さらに仮の話になるが、ヤクルトが初戦に4点行使していれば、結果は 5-4 で勝っていた。第2戦は捨てるとして、第3戦は、残りの2点を行使し、2-0 から試合を始めることができる。

ファイナルステージでは、巨人が広島に挑むが、そのゲーム差は 13.5。よって、得点アドバンテージは 13 (同様に議論の余地はある)。3試合を4点リードで開始しても1点余るアドバンテージになる。こうなると、優勝による1勝のアドバンテージと併用するかが議論されると思うが、仮に0.5ゲーム差であれ、半年間戦うペナントの制覇は尊重されるべきだと思うので、優勝による1勝のアドバンテージは残した方が良いだろう。

こうすれば、2~3試合で決まるファーストステージでは、大差で2位になったチームが容易に敗退することはなくなるし、これだけのアドバンテージがあって負けたなら、諦めもつくのではないだろうか。

また、ファイナルステージでは、試合数が多くなる分、同じゲーム差なら1試合に使える得点アドバンテージが少なくなるが、1勝アドバンテージと合わせて考えればバランスがとれる。

メリットは、ペナントレースで大差をつけてもクライマックス(特にファーストステージ)で全く考慮されないという現制度の欠点が埋まること。また、順位が確定しても、残り試合の結果が得点アドバンテージに影響するので、完全な消化試合がなくなる点。

デメリットは、あまりに得点アドバンテージが大きいと、最初から試合が面白くなくなる点と、下位チームには関係ないので、順位決定後に下位チームとの消化試合が多く残っていれば、不公平感が出てしまう点かな。


マジック点灯から勢いがあるのかないのか分からない広島東洋カープ。7連勝したかと思えば6連敗(9/11まで)というジェットコースターを走っており、ファンは一喜一憂どころか七喜六憂していることでしょう。

さて、ここでは、話を簡単にするために、今日も負けて7連敗したとしますね! (←怒られそう) ― 追記:7連敗には至りませんでした

7連勝とか7連敗とか、そりゃあもう1シーズンに1回あるかないかの出来事です。ま、7連敗が3回も4回もあれば、もうそのシーズンは絶望的ですからね。

広島東洋カープの平均的な勝率は6割前後で推移しているので、簡単のために、6割に固定して計算していきましょう。

勝率6割の広島が7連勝する確率は、0.6^7 で、2.8% です。では、同じく勝率6割の広島が7連敗する確率は (1-0.6)^7 = 0.16% となります。

これが勝率5割のチームだと、どちらも 0.78% ですから、勝率5割と6割の差がどれだけ凄い事かが分かりますね。

そして、7連勝する確率は 2.8% もあるのに、7連敗する確率は 0.16% しかないので、ここに来ての7連敗となれば、広島ファンにはどれだけショックなこととなるでしょう。

さて、せっかく7連勝の直後に7連敗した(まだしてないけど)わけですから、「7連勝したあとに7連敗する確率」を求めてみましょう。これは、単純なかけ算で、2.8%×0.16% = 0.0046% と、2万分の1の珍事となるわけです。とんでもないことが起きたわけです!!

ペナントレース全体から見れば、ただの7勝7敗

しかし、ペナントレース全体から見ると、結果的には14試合を7勝7敗でぬけただけです。勝率6割の広島が、14試合を7勝7敗で抜ける確率は、14C7 0.6^7 0.4^7 = 15.7% となります。まあ、普通に考えても普通ですよね。

14試合を7勝7敗した時、それが7連勝7連敗になるのは数万分の1ですが、どの順番でかっても勝敗は変わりません。ペナントレースを決める、7勝7敗という結果は、16%ほどで極々普通に起こることなのでした。

7勝7敗ならなんてことないのに、7連勝7連敗だと世界の破滅に感じるのは、勝率6割のチームが7連敗する確率が0.16%しかない上に、心理的にも連勝より連敗のインパクトが大きいので、その相乗効果なんでしょうね。

ロングテイル

しかしながら、実は、7連勝や7連敗の起こる可能性は、この計算よりも頻度が高いのです。完全ランダムな二項分布より、すこし裾野が広がった確率分布をとり、その部分を「ロングテイル」と呼んだりします。このサイトの確率計算でも、このロングテイルの効果を最尤法の中で組み込んで再現しています。

しかし、こんな記事を書いて、本当に7連敗になりませんように…

※言い訳
この新しいエディタで、<sup> <sub> の使い方が分かりません、また分かったら修正しますね。


2018年シーズンも首位を独走するカープ。このデータを見ると、必ず優勝できるパターンが見えてきました! 全ての試合に勝たなくても、この試合だけ勝てば良いのです! 各球団の監督必見です!!

今年のセ・リーグは、カープが首位を独走する一方で、2位以下がめまぐるしく入れ替わっています。2位以下の争いはまだ(9月3日現在)決着がついておらず、ペナントレースを最後まで面白くしています。

めまぐるしく2位が入れ替わる原因は、実はカープにもあるのかもしれません。9月2日までに、カープが1位で迎えた首位攻防戦(2位との対戦)は10カードあります。そのカードの勝敗と終了後の相手チームの順位を見てみましょう

カード初日対戦相手対戦前順位対戦成績対戦後順位
4/3ヤクルト2○●○4
5/1巨人2○×○3
5/22巨人2●○2
6/26巨人2○○○4
7/3ヤクルト2×○×3
7/20巨人2○○○2
7/31ヤクルト2○○●3
8/10巨人2○△●2
8/21ヤクルト2●○○2
8/31ヤクルト2○○○2

なんと、首位攻防戦の10カードで負け越し無し。下位が混戦の時は、一気にBクラスまで押し返したこともあります。

勝率を見てみると、

首位攻防戦        20勝  5敗 1分 の .800
その他の試合    35勝28敗 1分 の .555

と、首位攻防戦にめっぽう強いことが分かります。

せっかくなので、フィッシャー検定をしてみましょう。

> fisher.test(matrix(c(20,5,35,28), ncol=2, byrow=T))
Fisher's Exact Test for Count Data
data: matrix(c(20, 5, 35, 28), ncol = 2, byrow = T)
p-value = 0.04972
alternative hypothesis: true odds ratio is not equal to 1
95 percent confidence interval:
0.9843529 12.1573690
sample estimates:
odds ratio
3.160325

p値は 0.05 を下回りました。これは社会科学などで、偶然では起こりにくい事柄の目安とされている値です。首位攻防戦と、そうでない試合との間で、勝率に統計的に有意な差が認められた、と言えます。この差は、偶然では 5% 以下の確率でしか起こりえず、偶然ではないなにかが作用している可能性が示唆されます。

首脳陣が、戦略的に2位に勝つ布陣を敷いているのか、と言われると、あまりそうは見えませんので、選手達の気合いが入るのか、はたまた、5%の偶然か、この件、選手や監督に訊いてみたいですね!!


僅か18試合なのに、ペナントレースの調子を大きく左右する、日本生命セパ交流戦が今年も始まりました。我らがカープは強力西武打線の前にボロ負けのスタートとなりましたが、皆さんの応援するチームはどうでしたか?

交流戦はホーム・ビジターの片方でしか試合がありませんし、試合数も少ないので、なかなか統計上も扱いにくいんです。カードが一巡するまでは計算が不安定ですが、一巡したら終わってしまうという、統計泣かせの制度です。

でも、普段対戦しないチームの選手を見たり、応援歌を聴いたりと、交流戦ならではの楽しみはすっかり定着したんじゃないかと思います。初日を見ると、今年もパリーグ優勢の予感。なんとか5分で抜けたいものです。

交流戦が終わると、ペナントレースも中盤の6連戦ラッシュに入ってきます。だんだんリーグ優勝関連の数字も動きが固まってきます。熱帯並に圧に日本では、真夏の試合でホーム球場のコンディションがスタミナの消耗に係わってきそうですが、それは言っても仕方の無い事。一層の応援で暑さを吹き飛ばしましょう!


バブル期に始まったCDの音圧競争。専門的に正しい言葉遣いではないかもしれませんが、可能な限り音量の高い状態でマスタリングして、再生時の音量を大きくする手法です。デジタルフォーマットでは振幅に絶対の上限があるので、限度を超えて音圧を上げようとすれば、大きな音が重なったときに音が歪むことになります。音声編集ツールにも、音圧を目一杯まで上げる機能が標準搭載されているほど、現在の音声調整では当たり前に行われている調整のようです。

しかし、音量は聴き手が調整できるものだし、音を歪めてまで大きな音量でマスタリングするのはなぜでしょう。やはり、第一印象が「音が小さくて聞こえない」では競争に負けるのでしょうか。

そんな音圧競争に、最近変化が起きています。Apple(iTunes)や YouTube で、音量のノーマライズが実施されるようになり、それぞれの基準以上の音圧で録音されている場合は、基準値付近まで音量を強制的に下げられ、他の楽曲と音量が揃えられます。

これを機に「ニコ動での初音ミク楽曲などでも、音圧競争が終わるのではないか」という意見もみられますが、少なくとも、現段階では、運営主導でこれが起こると可能性は低いと思います。

一番の違いは、Apple や YouTube と異なり、ニコ動の運営陣には、画質や音質へ興味が薄い気がします。ニコ動独自の機能は、高品質ではなく「(混雑時の)低品質モード」である事からも窺い知れます。

もう一つの違いは、Apple や YouTube は、楽曲をリストにして販売しています(一部は日本未提供)。楽曲を売る以上、楽曲ごとにユーザが音量を調整するようでは不便ですから、基準を設けて全ての楽曲の音量を揃えて品質を担保したいと思うのは当然でしょう。一方、ニコ動にはそういった動きはみられません。

音量の基準が無いからといって、必要以上に音量を上げても、大きすぎる音量には、ユーザはプレーヤーの方で音量を下げるでしょう。しかし、その「下げた音量」はいつ戻すでしょうか。リスニングに集中しているときならともかく、BGMとして聞いている場合、次の曲に入った瞬間に元に戻して貰えるとは限りません。しばらく音量が小さい状態が続いた後、何かの折に「あれ、なんか音量が小さいな」と気付いて、音量を上げるでしょう。その間の数曲は音量が小さいままちゃんと聞いて貰えないことになります。

制作側からすれば、多少歪みはでても、聞いてもらえないよりははるかにマシ。やっぱり音圧を高めにしてしまうのではないでしょうか。ユーザコミュニティの中で一斉に基準を作って対策をしないと、過去のものになりつつある過剰音圧時代から日本だけ抜け出せなくなります。

考えてみれば、音圧競争が始まった頃は、音楽の「使い捨て」が始まった頃のように思います。若い層を中心に割合を高めてきた商業音楽が本格的に売れ始めた時期で、ミリオンセラーがバンバン出た時代です。使い捨て競争に少しでもインパクトを残すための工夫が、バッドノウハウとして定着してしまった気がします。海外勢は新しいビジネスモデルにあわせて、適切な音圧運用を始めていますが、ここでも日本が立ち後れている気がしますね。


まだまだ気が早いのは百も承知ですが、良いスタートを切ってくれたので、三連覇を大前提に、2018年シーズンのカープの優勝決定日計算を開始しました。

まだ対戦のないチームや球場もあるし、ホームでの勝率が10割(今日負けそうですが…)なので、まだとんでもない値が出ていますが、計算上はこうです。さて、どんなシーズンになるでしょうか!

追記

西武の優勝日予測も追加しました。


―追記―
プロトタイプができました。アニメコンシェルジュ、使ってみてください。
(追記ここまで)

みなさん、年末年始に消化すべき録画が溜まっていることと思います。観る事無く円環の理に消されていく未消化のアニメ達の中に、救うべき名作はなかったのでしょうか。

そんな悲劇もこのクリスマスで終わりです。tsuchim が来期観るべきアニメ作品をピックアップしてくれるシステムを作ります。え、もう既にそういうサービスがあるって? まあ、それはそれでいいじゃないですか。

tsuchim はこれでもマイクロ・ビッグバンを繰り返し起こす実験に参加して、レア粒子の振る舞いを研究していました(超レア粒子は見つかりませんでした)。大量の作品の中からそれぞれの傾向に合う作品をピックアップするサービスを作っていきます。完成したら、皆さんにもお使い頂けるものになるはずです。

今日は初日なので、大まかな仕様を決めましょう。長いものに巻かれていきます。

OS: CentOS7 + MySQL 5.7 + php 7.0
フレームワーク: FuelPHP 1.8

観るべき名作判定基準は

  1. 過去作品の好みを入力する
  2. 好みの作品の情報を集める
  3. 好みの作品間の相関を調べる
  4. その相関にはまる作品をピックアップする

こんなところですね。

さて、体調がイマイチな中、25日までになにかできているでしょうか。

まず、一番大事なサービスの名前を決めましょう。私案は「アニメコンシェルジュ anicon」なんですけど、何か良い案がある方、@tsuchim まで tweet ください!



話題のポケモンGOをやっていました。ポケモンは流行っていたときには研究の方が面白くて全くやっていなかったのですが、結構なダイエットになるとのことで、それを信じて始めてみました。
オフィシャルの遊び方を参考にしました。

もちろん、ピカチュー ピカチュウ(ご指摘ありがとうございます)のことは知りませんでした。

 

初期設定を終わらせると、マップが表示されました。チュートリアルによると、こんな感じでポケストップなどのモニュメントが画面に出てくるみたいですね。マップにはポケストップなどが表示される

 

 

なるほど、なるほど。

さて、うちの近所はどうかな…?

なにもない

 

なんにもねぇ。

 

ぐるっと1時間ほど歩いてみたけど、見事に何も無い。

それでも、公道であれば野良ポケモンは出てくるみたいなので、それで我慢しましょう。

ただ、モンスターを捕まえるボールなどもポケストップで補給するらしいのですが、存在が確認できた最寄りのポケストップが8km先でした。うん、ダイエットにはなるかな。

 

それで、公道の野良ポケモンを狩ってました。

 

アプリを開きながら仕事してたら、部屋の Wi-Fi 環境下で道路にポケモンが出現!

スマホを持って家を出て、公道まで歩いて行くと、Wi-Fi が届かなくなって 4G 回線に切り替わりました。
ここでロードがおこると…ポケモン、居なくなります…orz

 

そこで、AP を家のギリギリにおいて、Wi-Fi のままギリギリプレイできるようにすると、モンスターゲット!! やっと1匹捕まえたー!!

…と、このタイミングで 4G に切り替わってしまいました。

そしたら…

動かないボール

 

しーん。

この画面でフリーズして、3時間待っても動きませんでした。(このスクリーンショットは部屋に戻った後なのでWiFiに繋がってます)

アプリを強制終了して、ゲットしたポケモンもなくなりました。キャッチアンドリリース!

 

そんな中、マップの中に、葉っぱが舞っている所を見つけました。

木の葉が舞ってます

これも何かありそうですね。裏山のほうなので行ってみましたが。。。

この先ですね…

木の葉が舞うところ

この10mぐらい先です。確かに木の葉が舞ってそうですが、軽装できてしまったのでちょっと無理です。

 

ポケモンボールの補充も気軽にはできないので失敗は許されません。旧日本軍だと思えばなんてことはありません。いつかこの茂みの向こうのインパールまで行って見せましょう。

どうも孵化器に卵をセットしたら、歩くダイエットになるみたいなのですが、その卵もポケストップで入手しないといけないそうで…

田舎に厳しいポケモンレポートでした。

ま、これ常に起動してたらバッテリー持たないので、どのみち続けるのは難しいンですけどね。きっとこのゲームは酸っぱいに違いない。皆さん楽しそうで良いですね。しくしく。

 

ー 追記 ー

ご存じの方も多いと思いますが、ポケストップは、Ingress というゲームのポータル(の一部)が使われています。富士山やヤクーツクにもポータルはあります。今、ポケストップがない人は、Ingress ブームの時に、ポータル申請をしていなかったツケが回ってきているのでした。(2016年7月現在、ポータル申請は休止されています)

もっとも、私も近所の神社を申請したのですが、ポータルにはなりませんでした。当時はそれほど Ingress をやってなかったので深追いはしなかったのですが、今となって残念です。


まだ分からない人のためのSNSの選び方

前提として、無理にやらなくても良いが、いちいち電話やメールをする時代でもなくなったので、何かしら始めると良いかも知れない。今のメールは、ちょっと前の携帯電話、携帯電話は固定電話ぐらいのハードルなっていて、わざわざメールするのもなあ、と思ってしまう人も多い。

LINE

導入のしやすさから日本では人気のSNS。電話番号を交換したり、友達の友達だったりが勝手に登録されていくので「使ってないから」という言い訳が使いにくい。「あまりよくわからない」と言いながら、面倒じゃない相手とだけ使うと良い。全部に答える必要は無い。
連絡網として使われることも多いので、勝手に繋がっていくのもそれなりに便利。スタンプは必須ではないが、返事や挨拶系の物を4セットぐらい買っておくと便利。連絡用と割り切って使う手もあり。
マーケティングに使うなら、LINE AT という企業アカウントを取得する。

facebook

実名SNS。リア充がリア充をアピールする場。基本的に良い事しか書かない。書くときも読むときもそれを忘れずに。自分に自信のない人は他人の書き込みは見ずに、ご飯の写真に「いいね」しておけばいい。
適当に読み飛ばしてくれるので、長く書いても迷惑にならないが、短いメッセージの方が伝わる。URLを引用して、記事やニュースに自分の意見を足すことも出来る。
公開範囲の「友達のみ」と「公開」をうまく使い分けよう。ただし「友達のみ」であっても、公開できないようなことは書いてはならない。
コミュニティーやメッセンジャーも便利で、メッセンジャーは単体アプリになっている。
企業Webページを作ったら、企業facebookページも作っておこう。広告媒体としても使える。もはや実社会の一部ともいえる。

mixi

一時期一世を風靡した和製SNS。ひっそりSNSしたい人にはお勧め。
最近はゲームプラットフォームになってしまった。

twitter

実名でも匿名でも使える。複数のアカウントを使い分けているひとも。140文字までしか書けないが、読んで欲しいなら40文字ぐらいでまとめるのが良い。まずは、面白そうな人を何人かfollowしてスタート。面白くなかったら遠慮無くunfollowする。しばらくは読むだけにしてみよう。
RT(Retweet)と呼ばれる、他人のtweetを再拡散できるのが特徴。面白いRTが回ってきたら、元tweetを発信した人をフォローし、偏った人のRTが回ってきたら、RTした人をunfollowする。1ヶ月もすると、色々なことを教えてくれる人を沢山フォローしていることだろう。自分もRTする必要は無い。
書くのに慣れてくれば、広報用や広告用途にも使える。大勢にRTされた時の宣伝効果は絶大だが批判も受けやすい。気の短い人、騙されやすい人には向かない。

 

個人情報は大丈夫なの?

大原則として、自分からは書かない。投稿する写真の背景などにも注意。他人のお子さんなど、自分に権利のない情報は絶対にアップしないこと。逆に、それを気にせずアップしてしまう人とは迂闊に遊びに行かないようにしたい。
知らない間にも色々な情報が収集されているが、あなたが重要人物なら、そんなものとっくに収集されているし、そうでなければ誰も興味を持たない(単に統計的に処理されるだけ)ので、特に気にしなくても大丈夫。
それよりも、上の放送局ユーザによる漏洩の方がよほど怖い。

匿名性

書き込みが増えてくると、書き込みから個人の特定は難しくないので、匿名アカウントでも、個人が特定されても困らないような書き込みにとどめておくことが重要。後でばれるより、最初から実名の方が安全かも知れない。