EUの新しいプライバシー法制が制定されるなど、Webにおけるプライバシー情報の扱いに厳しい目が向けられています。ユーザの観点からすれば、確かに、自分の情報が知らないところで収集され、どこかで利用されるのは気持ち悪いことです。

サービス提供者による情報収集は、主にサービス品質の向上のために使われます。ユーザの情報を集めることで、コンビニでは同時に売れる商品を並べておきますし、地域によっておでんの供給時期に差を付けたりしてサービスを向上させます。もちろん、その結果として利益の向上を見込んでいますが、ユーザの利便性を追求した結果の利益ですので、これを否定する方は少ないと思います。

今、特に懸念されているのが、サードパーティ(第三者)による情報収集です。特に広告業者による情報収集によって、どこかのショッピングサイトで見た商品が、全然関係のないサイトに広告で表示されたりします。そんなとき、そのサイトに「なんでお前が、この事を知っているんだ!」と思うかもしれません。しかし、そのサイトは、閲覧者が探している商品情報など知らないのです。これは、広告業者がショッピングサイトで収集したデータを元に、広告業者が閲覧者に最適化した広告を表示しているのです。

この情報収集には様々な方法がありますが、もっともシンプルな方法に対しては簡単な「収集阻止」の方法があります。

しかし、これが果たしてどこまでユーザのためになるか、かなり疑問です。というのも、広告の最適化を防いだとしても、広告自体が表示されなくなるわけではありません。全く興味の無い広告を見せられるよりも、まだ、多少なりとも興味のある広告の方がずっとマシなんです。愛用の化粧品の新製品情報を見せられるより、全く興味の無い健康食品の広告を延々と表示される方がウザいです。

また、現在広告業界を席巻している Google, Apple, Microsoft, Facebook といった大企業に対して、情報収集を本当に拒否することができるでしょうか。OSを握っている企業は、その気になればどんな操作情報も収集できます。SNS では、あなたのことを知っている誰かが情報を提供すれば、あなたの情報は間接的に収集されます。これは実店舗でも同じで、カード会社はあなたの買い物傾向を全て把握していますし、各種ポイントカードは、ポイントと引き替えに加盟店全店で買い物傾向を収集し、相互にシェアしています。隣町の店に行って現金で支払いをしても、そこまでにどれだけの防犯カメラに写っているでしょうか。もはや、匿名の購買情報は秘密情報ではないのです。

今や、匿名・暗号化(符号化)された購買情報は、もはや収集を防ぐ方が困難になっていて、むしろ、これを積極活用しなければ、高度なサービスの提供は難しくなります。コンビニに欲しいものが並ばず、流行色のファッションはすぐに品切れになり、サービスエリアの自販機は肝心なときに品切れになる、単に不便な社会になってしまいます。思い返せば、二昔前ぐらいは、暑い日の自販機は「つめた~い飲み物」は軒並み品切れになっていました。以前はそれを人海戦術で補充していたのですが、いまはそんな無茶は配送はできません。顧客動向や気象情報などの「ビッグデータ」を活用して、便利なサービスを維持しているのです。匿名情報に過剰に敏感になりすぎると、情報化社会には生きにくいかも知れません。

もちろん、これが匿名ではなくなったら、つまり「○○さんは昨日□□でエロ本を買った」という情報が公になるようなことがあってはなりません。こうした本当のプライバシー情報は、むやみに共有されたり漏洩するようなことがあっては困ります。システムを設計する私たち側にできる事は、とにかくセンシティブなデータは集めないことに尽きると思います。弊社が運営する価格広場でも、ログインを必要とするような個人情報は最初から収集していません。収集しなければ不注意から漏洩することも悪用されることもありませんから。その代償として、高度な個人最適化はできません。個人最適化が必要なサービスでも、不必要な情報は極力集めない、匿名情報とは切り分けで管理するといった設計が重要です。


風邪の引き始め、微熱があって喉や頭が痛い、そんなときに便利なのが市販の風邪薬です。最近は市販薬でもかなり症状を抑えてくれる強い薬が手に入りますね。でも、これは、風邪を治してくれるわけではありません。残念ながら、2018年現在、風邪を治す薬はまだありません。

しかし、今日は金曜日なので、帰ったらゆっくり休める。そんなときオススメなのが、熱を出してしまう治し方です。体温を上げる食べ物、生姜湯や葛根湯を買って帰りましょう。ご飯の前に飲みます。ご飯は30分ぐらいしてから少なめに。

そして寝ます。長袖長ズボンのパジャマを着て、シーツを追加してぐっすり寝ましょう。寝るときには、ちょっと変ですが、寝ることに集中して下さい。「なんとなく」寝るんじゃダメなんです。

目覚めたとき、汗だくになって体温が下がっていたら成功です。シーツを洗って土曜日を気持ちよく過ごしましょう。もしひどくなっていたら、土曜日でもやっている病院に行って下さい…。

ちなみに、熱が下がるときに寝汗をかきますが、汗をかくと熱が下がるわけではありません。この因果関係を間違っているサイト結構多いので気になります。

「体温を上げる食べ物」は、Webで探せば色々出てきますが、各自の体質や食習慣にも大きく依るので、自分なりに良いものを見つけて下さい。民間療法なので、全く合わない人も居るかもしれません。お酒はごく少量まで。もちろん冷たいお酒はダメですよ。たくさん飲むと、内臓が眠れないので「ぐっすり」眠れないし、体深部の体温が下がるんです。寝付きが良くなるような気がすると思いますが、眠りが浅くなっちゃうんですよね。

これは、体温が高い状態と、ぐっすり眠っている状態が、免疫の働きを助けるからなんだろうと思います。普段から、お腹を冷やしていたり、ぐっすり眠れていない人は、30超えると体に出ますよ~。そもそも、いわゆる「感冒」(ウイルス性ではないもの)が起こる原因はよく分かっていないのですが、私は、体がバランスを戻そうとしているのだと思うのです。わざわざエネルギーを使って熱を出したり、頭を痛くして行動を制限しようとしているのですから、何か意味があると。本来、生き物が持っている自己調整機能があっても不思議では無いですよね。だから、それをうまくいかしてやろう、というライフハックです!

経営者は健康管理も大事! 睡眠と運動をうまく組み合わせて下さい! 運動も体温を上げる良い方法ですので、また書きますね!


1週間ほど、このサイトで Google AdSense AI広告を試してみましたので、ちょっと書こうと思います。

弊社はブログメディアではないので、雰囲気にそぐわないかなと思いましたが、wordpress で商用ブログを書いて居られる方にはうってつけじゃないか、というのが、最初の1週間の感想です。

まず、良い点から。

なんと言ってもお手軽です。パパッと広告を入れたい人には良いですね。

色々な環境において、適切なサイズの広告が選ばれます。非常に収まりが良いです。wordpress に限らず、HTML5 の構造がきちんとしているサイトなら、広告が挿入される位置もそこそこ理に適っているんじゃないかと思います。

次に、これはちょっとずるいと思うのですが、AdSense にある「広告ユニットは1ページに最大3つまで」という自分のルールを大幅に破ってきます。沢山広告を表示したい、という商用ブログには嬉しい例外かもしれません。他方、このサイトのような企業のページには全く向いていません…が、そもそも自社サイトに他社の広告を掲載するのもかなり本末転倒ですので、そこは実験という事で。

悪い点は、広告が表示されない(おそらく、適当な広告がなかった)時にも、広告エリアを占有してしまうことです。表示しないなら、元のデザインを維持して、余白を空けないで欲しいです。代替広告を入れようにも、メリットである「環境によってサイズが変わる」があだとなります。まあ、うまいやり方はあるんじゃないかとは思います。

また、これはまだAIが試行錯誤しているのかもしれませんが、広告の挿入位置が頻繁に変わります。その方が目につくからかもしれません。そうだとしたらなかなかのやり手ですね。

それと、これは AI広告に限らないかもしれないのですが、ちょっと品のない広告が多くなる気がします。もしかしたら、弊社ページが品のないサイトだとAIが判断したのかもしれませんが…。Google AdWords をお使いの方はご存じだと思いますが、Google 広告は、審査がわりと厳しめで、裏を返せば、良質の広告がストックされているはず…なのですが、なんだか、イマイチの広告が表示されることがあります。たぶん、クリック単価は高いのだと思いますが、悪影響があるかもしれないソフトウエアのダウンロードスイッチに見える広告等は個別に表示させないようにしました。弊社が配っているソフトウエアだと誤解されたら大変です。

 

元々、「Google が推奨する広告」とはどんな物なのか、それを知りたくて、Google オススメの AI広告を入れてみたので、Google としては、かなり積極的な広告挿入を許す、というスタンスがわかります。<p>タグの切れ目にも、余白をほとんど空けずにネイティブ風の広告を差し込んでくるので、ちょっと攻めすぎかもしれません。スマホで表示される、上部の固定広告も賛否が分かれるんじゃないかと思います。

もちろん、これらの広告は、個別に ON/OFF ができるので、自分のサイトのテイストに合わせてカスタマイズできます。このサイトには、もっと控えめの表示が好ましいと思われますが、あくまで実験要素なので、今後もモニターを続けていきます。ブロガーの方はとっくにご存じだと思いますが、非営利組織などで、少しでもサイトの維持費を賄えれば、と思って居られる方にも、とりあえずオススメできる広告システムだと思います。非営利組織の運営は、組織の運営で手一杯のことが多いし、広告効率を勉強する時間ももったいないですよね。最初にきちんと調整すれば、後はおまかせ、というのはありがたいですね。

今後もモニターを続けていきます。


以前から気になってはいたものの、まだまだAIには荷が重いか…と思っていた Google AdSense 自動広告ですが、最近やっと使い物になってきたようなので、このサイトで試験的に導入してみました。ここで調整した結果をお客様のページ設定に役立てますので、ご理解ご協力をお願いします。

Google社自身が、自社製ブラウザ Chrome で、悪質な広告のブロックを始めました。Google社も広告業者ですので、広告の配信効率を高めつつ、広告が嫌われないようにするバランスを模索するはずです。「Google社の考える適切な広告」のバランスを常にモニターするため、弊社ページに導入してみました。

初日の感想ですが、こちらが手動で掲載するときには色々な制限があるのに、自動広告にすると、結構好き勝手に、しかも多めに入れてきますね。まだ今後調整されていくのでしょうが、ちょっと自分でもビックリしました。

広告が挿入される位置も、AI がその都度判断しているようなので、HTML5 のタグをきちんと使い分けなければ、入って欲しくない位置に広告が入ってしまうこともあるかもしれません。

Posted in Web

まだまだ気が早いのは百も承知ですが、良いスタートを切ってくれたので、三連覇を大前提に、2018年シーズンのカープの優勝決定日計算を開始しました。

まだ対戦のないチームや球場もあるし、ホームでの勝率が10割(今日負けそうですが…)なので、まだとんでもない値が出ていますが、計算上はこうです。さて、どんなシーズンになるでしょうか!


多くのノートPCに搭載されている Synaptics のタッチパッドでは、スクロール中に指をグルグル回すことで連続してスクロールできる機能(Chiral Scroll)が搭載されています。ほとんどのメーカ提供のWindowsドライバではこの設定が可能ですが、Windows10等のアップデートの際に、メーカの最新ドライバをインストールすると、何故か、この設定が出来なくなります。

その場合は、レジストリエディタで

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Synaptics\SynTPCpl\Controls\03TabScroll\4OneFEdgeScrollChiralCheckBox

を辿り、Visibility の項目(たぶん4になっています)を、2 にしてみて下さい。設定画面のスクロールタブに、この項目が表示されるようになります。お試しあれ。


―追記―
プロトタイプができました。アニメコンシェルジュ、使ってみてください。
(追記ここまで)

みなさん、年末年始に消化すべき録画が溜まっていることと思います。観る事無く円環の理に消されていく未消化のアニメ達の中に、救うべき名作はなかったのでしょうか。

そんな悲劇もこのクリスマスで終わりです。tsuchim が来期観るべきアニメ作品をピックアップしてくれるシステムを作ります。え、もう既にそういうサービスがあるって? まあ、それはそれでいいじゃないですか。

tsuchim はこれでもマイクロ・ビッグバンを繰り返し起こす実験に参加して、レア粒子の振る舞いを研究していました(超レア粒子は見つかりませんでした)。大量の作品の中からそれぞれの傾向に合う作品をピックアップするサービスを作っていきます。完成したら、皆さんにもお使い頂けるものになるはずです。

今日は初日なので、大まかな仕様を決めましょう。長いものに巻かれていきます。

OS: CentOS7 + MySQL 5.7 + php 7.0
フレームワーク: FuelPHP 1.8

観るべき名作判定基準は

  1. 過去作品の好みを入力する
  2. 好みの作品の情報を集める
  3. 好みの作品間の相関を調べる
  4. その相関にはまる作品をピックアップする

こんなところですね。

さて、体調がイマイチな中、25日までになにかできているでしょうか。

まず、一番大事なサービスの名前を決めましょう。私案は「アニメコンシェルジュ anicon」なんですけど、何か良い案がある方、@tsuchim まで tweet ください!


ビットコインなどの暗号通貨、使ってますか?

使ってない人がほとんどだと思いますが、使える場所はどんどん増えています。また、取引手数料の安さから、2017年のマネーゲームでは主役になりつつあります。

そもそも、ビットコイン(暗号通貨)とはなんでしょうか。

大雑把に言ってしまえば、世界各国の紙幣は、何も無ければタダの紙切れですが、偽造されにくい対策をとって、ある国では色々なものと交換できる保証がされています。ですから、通貨として信用され、お金として機能します。

その「偽造されにくいもの」を電子的に作ってしまったのがビットコインの元々の価値だと思います。もちろん、ブロックチェーンといって、偽造されないだけでなくその遍歴が全て追跡できるなど、電子通貨ならではの付加価値もあり、単純に「通貨」としてのスペックは、紙幣より高いと言えると思います。

ビットコインはどこかの国に管理されているわけではない、と言われますが、日本円だって、大暴落が始まれば日本銀行がその価値を無制限に保証することは無理です。ビットコインは、むしろ、国が1つぐらい滅んでも、他のマーケットで使えれば価値は残ります。このまま行けば、そこらへんの国よりは信用が厚くなるかもしれません。

ビットコインの欠点は、ここまで頻繁にトレードされることを前提に設計されていないため、だんだん限界が来ていることです。そのため、欠点を修正した「次世代ビットコイン」が何種類か登場しています。これも、世界に通貨が何種類もあるのと同じで、より便利なものが残っていくでしょう。特に、流動性の高さが特徴のビットコインですので、トレードコストが低くより複製しにくいものに切り替わりながら、残っていくと思います。ちょうど、SHA1がSHA256になったように。

そのため、常に適切な暗号通貨に乗り換えていかなければ、失敗すると、古い暗号通貨がある日突然暴落するということはあり得ます。大手が取引を辞めたりすると暴落するでしょうね。新しいコインの取引開始と、古いコインの廃止には注意を払い続けなければなりません。そういう意味では安定資産としてのビットコインには魅力がないでしょう。流動性の高い用途に限って運用するのが安全だと思われます。

しかし、発行上限が決まっているのに、使える範囲がどんどん広がるとなれば、1コインの価値は上がり続けるでしょう。安定資産として長期間保有するには向いていませんが、落ちついてくれば短期決済には使えるものになると思います。むしろ、レートが頻繁に変わるので、レートが良いときに使ってしまうのが良いかもしれません。2017年は上がり続けましたが、長期保有は危険だと思います。

まとめると、暗号通貨は今後も乱高下を繰り返しながら、長期的には上がり続けると思います。しかし、技術的問題により、一種類の通貨の寿命はそれほど長くはなく(時に秒単位で下落するでしょう)、常に、トレンドの暗号通貨に乗り換えに注意を払わなければなりません。そして、IT技術につきものですが、ある日突然、圧倒的にハイスペックな後継技術がでると、古い物一瞬で価値を失うかもしれません。安定資産(ガチホ)には向かないと思います。

※この記事は個人の感想であり、ビットコインやその他暗号通貨の購入運用を勧めるものではありません。当然内容の保証もできません。



常駐しない、攻撃的な不正ソフト検出・駆除には、ノートン パワーイレイサー が使えます。インストール不要、誤検出上等で、不正っぽいエントリをスキャンします。手持ちのウイルス対策をかいくぐられたときには、これが使えます。

パワーイレーサーのオフライン版とも言えるのが、ノートン ブータブルリカバリツール です。USBなどでブートして使います。Windowsが起動しないレベルの障害でも、復旧を試みるみたいです。使ったことがないので効果の程はわかりません。