About 槌本 裕二

まとめサイトやメディアなどの記事として引用をされる管理者の皆様へ。
画像やスクリーンショットの掲載による引用は基本的に大歓迎です。コンテンツの一部をWeb上で引用する際は、必ずそのページへのリンクを添えて下さい。

引用時の出典として表記いただける場合「栄諧情報システム Webサイト版」をお使いいただければと思います。

また、当ページの内容について、下記のような誤った情報(レス・コメント・解説など)が付加される場合については、その直後に編集注等で必ず正しい情報を補足して下さい。

特に、信じる信じないは個人の自由ですが、公の場で嘘つき呼ばわりすることは名誉の毀損にあたります。「あてにならない」「嘘だ」と、弊社の成果物や弊社を(暗黙の)主語にされる場合はご注意ください。


ホンマなんかな?

少なくとも嘘(目的ありきの数字を出すために人為的な調整)は行っていません。
ただし、モデル計算では、人間の全てがモデル化できませんから、現実との乖離は必ずあります。
例えば、怪我での離脱や新戦力の加入、災害、気候、幸運、不運、例年にない過密日程などがモデル外の要素です。


まだ、○○が引き分けて□□が勝てばチャンスある

計算モデルの性質上、他チームの引き分けが絡む局面を数字に反映させるのが難しい事があります。現在は改良が進みほとんど無くなったはずですが、バランスが難しく、さらに改善していきますので、今のところご容赦下さい。


まだ可能性はあるのに、0%とは何事か

有効数字と四捨五入を復習いただければと思います。


ピタゴラス勝率から算出してるだけ

どこでそう思われたのか分かりませんが、ピタゴラス勝率からの計算ではありません。


当たるの?

統計モデルによる確率計算ですので、何かの当たり・ハズレを予知するものではありません。

以前、95%確実になった時点で「当確」という言葉を使っていましたが、言葉の方が一人歩きし始めたので、使うのをやめました。


結局いつ優勝するの?

私は未来予知はできません。統計モデルを用いた確率計算ですので、ご理解頂ける方のみ言及いただければと存じます。


ちょっと前に数%だったのに、数十%になってるものなんてあてにならない

これは、その数%のシナリオを現実が辿って、確率が上がってきたのです。素直に喜んでください。


確率が変わる理由が分からない

あなたが確定論者でなければ、「ベイズ推計 事後確率」で検索してみてください。もちろん、個人の信条として確定論を否定するつもりはございません。


過去のデータを見てこの状況ならこの先この順位になってることが多いですってだけだから

この計算は完全な統計数理モデルによる計算です。過去の順位などは係数の算出に使っていますが、ご意見のような単純参照ではありません。


ソフトバンクの優勝をはずした計算など信用ならない

ここで言う「濃厚」「当確」は、あくまで「現状での勝敗状況のまま行くなら、優勝確率が95%を上回った(ここまではp<0.05で有意に優勝ペース)」という意味です。優勝決定を予言するものではありません。 そもそも、確率計算に当たるもハズレるもありませんし、もっと言えば、この 95% (p<0.05)にも、たいした意味はありません(一部の学閥を敵に回す発言かも)。
「2016年のソフトバンクは、6月まで優勝確実ペースで勝っていたが、優勝できなかった」という事実があっただけです。 ちなみに、2017年まで優勝・CS当確がハズレた例は、

  • 2016/6/3  ソフトバンク 優勝確実
  • 2015/5/16 DeNA CS進出確実

の2回です。

この年のこの時点での各チームの勢いと、その後の大失速をふり返ってもらえば「このまま行けば」の部分が「このまま行かなかった」事が分かります。


去年、99.5%から逆転された

いくらなんでも、ここまでの嘘を流布するのは勘弁して欲しいですね。 もちろん、確率ですので、99.5%から逆転されることもあり得ますが、まだ起きていません。


確率の世界は、迷信の方が優勢だったりします。

  • サイコロを6回振ったら、必ず1回1が出る
  • 降水確率20%で雨が降らない日が4日続いたら、5日目は必ず降る
  • コイントスで、3回連続で表が出たから、そろそろ裏が出る頃

のような気がする気持ちも分かります。
誕生日や血液型で優勝を占うのも自由ですし、下駄を飛ばして占うのも自由です。

ただ、それと、これとを同じ土俵で評価しないで頂きたい。分からないなら分からないで結構ですので、そっとしておいて下さい。


順位確率に戻る


昨日、SSD水没の話を書いていたら、今日、洗濯機の中からUSBメモリが…。どうやら、昨晩、あの記事を書きながら、USBメモリを洗濯していたようです。今回のケースは、もう「すすぎ」まで終わっているので、追加で精製水やアルコールで洗浄するか迷うところですが、外側のプラスチックカバーを壊さずに開けられないので、このままシリカゲルで3日ほど乾燥させてみましょう。それにしてもタイムリーな凡ミス…。

―追記―

十分な乾燥で無事使えるようになりました。データも残っていました。よかった~。


さきほどの「水没したパソコン・データの復旧」で出てきましたが、ストレージの HDD と SSD、時代は SSD になってきています。災害に強いほかにも、毎日の起動が早い、突然故障する確率が低い、などの利点があります。

メーカ保証は切れてしまいますが、お使いのパソコンの環境をそのまま SSD に載せ替えることもできます。ただし、今お使いの HDD より大容量のものが必要になりますので、購入費用が効果になります。場合によっては、容量の少ない SSD に移行することもできますが、お使いの条件によります。

あまりディスクを使っていなければ、容量の少ない SSD に Windows を再セットアップして、データのみ移行する手段もあります。

この機会に、HDD の SSD換装をやってみませんか? 512GB で3万円ぐらいからです。


近年土砂災害に見舞われる広島県、そんな中で水没してしまったパソコンやデータの復元方法をご紹介します。

まず、どちらにしろ、水没した電子機器を救い出したら、すぐに電源と電池(バッテリー)を抜いて下さい。水分が残ったまま通電させると、ケーブルなどを腐食させてとどめを刺してしまうことがありますのでご注意下さい。

水没したパソコンを復活させたい

盗難防止のための暗号化などを用いていた場合、そのパソコンを復活させなければデータは読み出せません。水没してしまったパソコンを動かすには、分解・洗浄して乾燥させる必要があります。。作業は、2~5日、費用は数万円~十数万円かかります。よほど特殊な場合を除いて、新しいものを買った方が安いですが、どうしてもという場合にはご相談下さい。弊社でなくても専門の業者もあります。

データ(デスクトップやマイドキュメント)だけでも復活させたい

パソコンを復活させたい場合、多くは、パソコン本体そのものではなく、内部のデータ(写真や書類など)を復活させたいのではないでしょうか。

データを保存していたストレージ(HDDやSSD)は、電源を失ってもデータを保存しています。ストレージだけを本体から取り出し、洗浄・乾燥させた後に、別の機械でデータだけを読み出すことが可能かもしれません。これも、被害の程度により手法が異なります。また、盗難防止の暗号化を施してある場合、そのパソコンを復活させなければデータも復号できない場合があります。(これが盗難防止機能ですので) 復活させたデータは、外付けHDDでのお渡しになります。

SSD の場合

弊社では、記憶基板をとりだした後、アルコール系溶剤で洗浄・脱水し、読み出せるデータを短時間で読み出した後、正常な機器の上でファイルの復元を試みます。数日で数万円程度の費用になります。機種によっては、ストレージを取り出した後、元通りに組み立てられない物もあります。

HDD の場合

本体は水に濡れたけれど、パソコン内部は少し湿った程度であれば、SSD と同じように措置をします。

泥水にどっぷり浸かってしまった場合には、残念ながら弊社では設備がありませんので、クリーンルームと専用の機材を持つ専門業者に依頼して下さい。この際、HDDが乾燥する前に業者の指示を仰いで下さい。泥が内部の記録版に固着してしまうと、特殊な洗浄でもきれいにできない可能性があります。価格は数十万~数百万円になります。

RAID の場合

NAS やサーバ等で、複数の SSD や HDD を RAID 構成にしている場合には、個別に HDD・SSD のデータを復旧させた後、RAID 構成の再構築が必要です。対象容量の2倍の作業領域が必要になりますので、着手料が高めになりますが、特殊な装置でRAIDを組まれていなければ、数日で復旧できます。実費+数万円の追加費用になります。実費で購入した外付けHDDでのお渡しになります。

復旧の限界

予期せぬ水没時には電源が刺さっていて、バッテリーも装着された状態だと思います。水没でストレージがダメージを負っている場合、一部または全部のデータがそもそも読み出せなくなっている可能性があります。また、内部に水気が残っている状態で電源を入れてしまったりすると、とどめを刺してしまうことがあります。弊社の実績では、必要な情報が取り出せなかった事例はありませんが、2件ほど、極めて深刻なダメージを負っていたものの、奇跡的に必要なデータだけ損傷していなかったというケースもありました。自己判断で操作される前にお呼び頂ければ成功率はぐっと上がります。

一方で、とても手間と技術と時間のかかる作業ですので、どうしても着手時に頂く費用もそれなりにかかりますし、成功・失敗に関われず、その費用はかかります。(早期に断念した場合には安くなりますが…) いずれも日頃のバックアップを大事にして下さい。


花房孟胤「予備校なんてぶっ潰そうぜ」

自分のサービス(仕事)で社会を変えてやる。そう本気で思って行動したことがありますか?

これは、コミュニティ型電子予備校のさきがけであった「manavee」の立ち上げと成長に纏わる、学生起業の顛末を生々しく本人が語った本でした。manavee は、継続不能が宣言された今でも、日本の教育格差を根本から変えうる素晴らしいサービスアイデアだと思います。また、この本を読んでも、その立ち上げや運営に相当な落ち度があったとは思えません。ただただ、こうした思想型ベンチャーと「収益化」の難しさ、「収益化のプロと一緒に立ち上げる難しさ」を感じました。

学生だから考えが甘かった、とも言えるかもしれませんが、アイデアを思いついて実装していく段階では、企業であっても似たようなものだと思います。むしろ、経営体力のある大手企業の方が、最初の採算性など考えずに始められるのではないでしょうか。資金力も無い中で突き進んだ彼の行動力は一流です。そして、教育格差を解消するという大義名分も非常に素晴らしいものです。学生のうちは2~3年費やしてもまだまだ若いので、こういう事を思いついて、行動力があるなら、生まれ変わってもまたやるべきだと思います。

講義をする先生もボランティア、視聴する生徒も無料で視聴できる、ある意味理想の経営ですが、収益化する道筋が見えません。これは、私もビジネスコンペでよく言われることなので、自分のことのように思えました。しかし、大きな理念があるなら、しばらくはそれで突き進めますし、ついてきてくれる人もいます。しかし、規模が大きくなって固定費が大きくなり、参加者のモチベーションもそれぞれとなってくると、これは、ビジネスとして企業体にまとめる段階がやってきます。ここで大事になってくるのが収益化です。収益が上がるから色々な人をまとめることができ、継続可能なビジネスとなります。色んな困難にうまく対処しつつも、こうした変化に対し消極的でありすぎたのかもしれません。

視聴者・ボランティア講師・コアスタッフ・その他関係する方々を、もっとうまく「巻き込む」こと、方々の意見をもっともっと取り込むことの重要性を改めて認識させられました。私も、今までのプロジェクトの中で、うまく力を生かし切れなかった、うまく巻き込めなかった「協力的な人たち」が沢山いましたし、こと、お金に関しては決断できなかったこともありましたので、このあたりは非常に共感できるものがありました。成功している人は、このフェーズで早々と資金を調達し(或いは親が出資したり)ているように思えます。しかし、彼のようなスモールスタートは、決して悪手ではないはずです。

うまくやれば、うまくいったかもしれません。しかし、これを進めれば、やがては既存の予備校グループに組み入れられてしまう結果に終わったように思います。視聴者からも最小限の費用は取ろう、最小限と言っても少しは利益を上げないと継続できない、そうしているうちに、潰そうと思っていた予備校そのものになってしまう未来だった様にも思います。教育格差をなくすのか、教育格差を少し縮めるのか、これは大きな選択です。よく考えてみれば、格差をなくすことはできないので、「どの程度縮められるか」という落としどころを探るしかないのですが、「教育格差をなくす」にこだわり「予備校をぶっ潰そうぜ」と突き進んだのは潔くもあります。

また、支えてくれる女性の存在が、いかに大事なものかも教えてくれます。彼女は、彼を、というよりもmanaveeを好きだったのだと思いますが、彼にとっては大きな存在だったのだと思います。無条件で支えてくれる人が一人いれば、人間は結構がんばれるものです。ただ、先頭を行く人間とは孤独なもので、もっと色んな人の力をうまく借りる努力を、最初のうちからもっと組み込まないといけませんでした。

文体も読みやすく、一気に読める分量です。運営者と共感者の人間関係を中心に、組織の成長と成熟が生き生きと(生々しく?)書かれている良本です。


2018年の日本生命セパ交流戦の全日程が終わりました。

予想外の、というと失礼ですが、セリーグ最下位のヤクルトが勝率1位。以下、楽天を除くパリーグが名を連ね、続いてセリーグとなりました。ヤクルトとパリーグが勝ち、楽天とセリーグが負けた形となった今年の交流戦を数字でふり返ってみましょう。

なお、交流戦は5月29日から始まっていますが、29日の勝ち負けが分かるように、グラフは27日から描いてあります。ご留意ください。

まずはセ・リーグから見ていきましょう。

まずは勝ち負けがわかりやすい貯金推移から。

2018年交流戦中のセ・リーグ貯金推移

なんと言っても借金10からのヤクルトのスタートダッシュが目立ちます。集団から離されていたところを一気に追いつきました。広島の後半の連敗も目立ちますが、混戦でよく分からないところで、2位だった阪神がカープより勝ててなく、ゲーム差はさほど変わりませんでした。広島以外が借金生活となってしまいました。

日本のプロ野球は「勝率」で順位が決まるので、勝率の推移を見ていきましょう。

2018年交流戦中のセ・リーグ勝率推移

4割以下だったヤクルトが5割近くまで戻し、6割超えだった広島が5割5分まで下げました。混戦模様で突入した交流戦ですが、より混戦になって出口を迎えました。中日がやや遅れたか。

それでは、優勝確率はどのように推移したでしょうか。

2018年交流戦中のセ・リーグ期待順位推移

この「期待順位」は、相手チームとの相性を元に「このまま行けば」最終的にどの順位になるかの期待値を示します。ですから、交流戦中は、交流戦ならではの挙動が見られました。

1.6位で交流戦に入った広島は、5連敗があったものの、「今後のセ・リーグ内では6割勝つだろう」という「このまま行けば期待」がありますので、逆に1.4位に順位を上げています。2番目に付けていた阪神が広島以上に勝てなかったのと、残り試合が減ってきた影響ですね。

5.3位だったヤクルトは、6連勝で4.4位まで順位を上げます。最初から大型連勝をすると「交流戦中は全勝に近い勝ちを上げるかもしれない」という「このまま行けば期待」が入って一気に期待値が上がりますが、その分、それ以降は勝って当たり前、負ければ大きく数字が下がるという状況になります。後半はその期待ほどは勝てなかったので、じわじわと順位を下げて5.1位。もちろん「交流戦後のリーグ戦ではまた4割しか勝てないだろう」という「このまま行けば期待」によりこの順位です。リーグ戦再開後の調子が気になりますね。

 

続いてパ・リーグを見てみましょう。

2018年交流戦中のパ・リーグ貯金推移

借金11で突入した楽天の1人負けとなりました。楽天以外の5チームが貯金生活に入りましたが、ゲーム差に大きな変動はありませんでした。

続いて勝率変動を見ていきましょう。

2018年交流戦中のパ・リーグ勝率推移

5割5分を挟んで5チームが5割台で並んでいます。2強だった西武と日本ハムが、リーグ戦ほど勝てなかったので、3位集団が追いつき、セ・リーグほどではないにしろ、交流戦突入時よりも混戦気味となって出てきました。

それでは、期待順位はどうでしょうか。

2018年交流戦中のパ・リーグ期待順位推移

セ・リーグでも見られたように、「このまま行けば」今後はやはりリーグ戦で強かった西武と日本ハムの対決になりそうです。3位集団の3チームは、交流戦の調子は良かったものの「リーグ戦ではまた離されるだろう」という「このまま行けば期待」が強いです。楽天は、5.9位と、この時期にしては6位に極めて近い順位になってしまいました。興味深いのは、オリックスとロッテの差が僅かに開いているところです。交流戦成績は、オリックスが11勝6敗1分、ロッテが11勝7敗とオリックスが1分け分上回ったのですが、18試合消化して1分け分しか追いつけないのでは、むしろオリックスのリードが僅かながら固まった、と言うことですね。もちろん、僅差には変わりないので、まだまだわかりませんが、今後は残り試合数との兼ね合いでゲーム差が重くなってきます。

 

 

交流戦が始まった直後に連勝連敗すると「このまま行けば全勝(全敗)するかも期待」が発生するため、期待値が大きく動きますが、期待に応えられなければ落ちついていきました。特に今年の交流戦は、順位を争うライバルチーム間での勝敗差が少なかったため、交流戦の前後での順位の変動は少なくなりました。

終わってみればあまり変わらなかったのは、結局、最終順位には、143試合中の18試合分の影響しかない、ということですね。

しかし、これは「このまま行けば」の話。計算機中のリーグ内の相性は1ヶ月前で止まっていますので、交流戦で勢いのついたチームが、今後リーグ戦で大きく躍進する可能性は十分にあります。同時に、残り試合が80試合ほどになり、序盤よりも1ゲーム差がずいぶん重くなってきていました。

このように、プロ野球ニュースでよく聞く「ゲーム差」は、(勝利数ー敗北数)というわかりやすい数字ではあるのですが、残り試合によって重みが変わってきます。また、最終的には「勝率」で順位が決まるため、去年のように「マイナスゲーム差」が生じたりと、常に順位の差を表す指標として機能しなかったりします。そこを全て補正したのが、順位の期待値である「期待順位」です。最終順位の予想ではなく、現在の勢いの把握に使ってくださいね!


閲覧者にマイニングさせたからといって、それだけでは悪質だとは言えないのではないか」と言いましたが、確かに、これを放置したのでは、そのうち悪質なものが出てくることは目に見えています。

広告でも、あたかもシステムがウイルスに感染しているかのような警告文を表示させ、対策ソフトと称して不正なプログラムをダウンロードさせる広告が溢れています。閲覧者マイニングモデルも、同様の危険性を備えています。

一番ホットな話題で言うと、「漫画村」をはじめとする不法配信サイトのほか、いわゆる「ステルスマーケティング」や、デマを拡散する悪質なまとめサイトなどに対し、最近、広告主を動かすことによって広告収入を激減させる攻撃、いわゆる「広告剥がし」が行われています。良質な広告主が無ければ収益は大きく下がりますので、スポンサーリテラシが急速に求められ始めてた近年では、一定の効果のある対策です。ただし、この「広告剥がし」も、広告の流通が数社に事実上独占されている状態では、インターネットでの情報発信の可能性を限られた会社の判断で潰してしまえるという事でもあるので、それはそれで別の危険をはらんでいます。

今回の「閲覧者マイニングモデル」は、利用者が長時間滞在する「漫画村」のようなサイトの新しい収益減としてマッチしてしまいます。もちろん、これも、マイニングが悪いのではなく、海賊版を不法公開しているのが悪いのですが、なかなかに難しい問題です。

また、合法的なマイニングにしても、どの程度までリソースの使用を許すか、という線引きが必要です。スマホのCPUを目一杯使われると、当然バッテリーをものすごい勢いで消費しますし、放熱の悪いモデルでは、過熱によりカメラなど一部の機能がしばらく使えなくなります。これはさすがに迷惑ですよね。広告も同じぐらい迷惑だという人も居ますが、広告モデルはその歴史の長さもあり、あまりに常識を逸脱した広告はごく一部です。このページも、Google広告のテストの一環でちょっと多めの広告が入っていまして(どの程度広告を表示させるかはGoogleのさじ加減ですが)、申し訳ないことに、読み込み時に余分な通信とCPUを食いますが、読み込んでしまってからはCPUはほとんど動きません。(Google広告には、悪質な広告が少ないので)

もちろん、どうしても気に入らない場合は、そのサイトに行かなければ良いのですが、マイニング利用が明示されてなければ、どのサイトに行かなければ良いのかも分かりません。その意味でも、「利用者マイニングは全てが違法ではないが、適正な範囲内で行い、その事を明示する必要がある」あたりで線引きしなければならない気がします。この「適正な範囲内」というのが曖昧なままですが、これがはっきりするのは、この技術が一般化して「この辺が落としどころだよね」という世間との暗黙の合意が形成される時です。つまり、今の時点で「明らかにやり過ぎ」た場合を除けば、グレーゾーンのどこに基準ができるかはまだわからないのです。

最近は、EUを中心に、広告の最適化に対しても、ユーザの合意を得るように法令が変わっています。「事前の合意」と「選択肢の提示」は、これからの開発者に求められるのかな、と思います。しかし、ここで注意して欲しいのは、EUの動きは、(主に米国の)大企業による情報のコントロールから(欧州の)個人を守るためであって、国家の権力を国民に行使するためではありません。EUのプライバシー法では、一回目は必ず警告を行い、それでも改善しない場合に罰則を科すという規定になっており、摘発よりも予防を促していることが覗えます。今回の騒動とは「国家と法律の役割」の向きが完全に違います。

また、一般にブログを書いて広告を載せているようなサイト全てが、「広告最適化のためにクッキーを利用して良いですか? 広告を表示せず、マイニングの資源を提供してくれますか? それとも少額の寄付をお願いできますか?」と尋ねる仕組みを導入するのは大変ですし、初めて行くサイトでイチイチ同じ質問をされるのも、迷惑広告と同じぐらい迷惑ですよね。もっと包括的で効率的な解決技術が必要となってきているように思います。

Posted in Web

神奈川や福岡で、不正マイニングを行ったとして16名が検挙されました。最初に主張したいことは、「マイニング」も「暗号通貨(仮想通貨)」も違法行為ではなく、また、今回の件では、ウイルスなどの違法な技術は使われていません。まして、閲覧者の保有する暗号通貨を奪ったわけでもありません。

ここで「マイニング」という言葉が出てきます。マイニングとは、暗号通貨の用語です。暗号通貨では、中央管理センターを置かずに、利用者が少しずつ運営に必要なデータの中継や整理を手伝う仕組みになっています。その貢献に応じて、少額の報酬が暗号通貨で支払われます。この「リソースを提供して暗号通貨を受け取ること」をマイニング(採掘)と呼びます。もちろん、これ自体に違法性はありませんし、莫大な報酬があるわけではありません。日本では一般的に、マイニングで受け取れる報酬より、マイニングにかかる電気代の方がかなり高くなります。電気代の安い中国などでは、専用のコンピュータを体育館のような工場に大量に列べて、「塵も積もれば山となる」作戦を行っているマイニング工場もあります。大きな利益を得るには、こうした大規模な設備が必要です。

今回問題となっているのは、Webサイトに、このマイニングプログラムを潜ませて、閲覧者のパソコン・スマホに、このマイニングを手伝わせた事が、違法だと言われています。一部では「ウイルス」と絡めている人も居ますが、ウイルスのような感染能力は無く、広告を読み込ませるような要領で、マイニングプログラムを読み込ませていました。

これが違法かどうかは、今後の裁判次第ですが、私個人は、これに関しては、悪質性は低く、違法性についても微妙だと思います。

まず、「閲覧者の同意なく、意図しないプログラムを動かした」事が全部悪であれば、アニメーション広告なども悪いという事になります。実際、一部のアニメーション広告の方が、このマイニングよりもユーザのリソース(計算量や通信量)を食い潰します。ただし、「閲覧者のリソースを用いて広告を表示すること」は、以前からテレビやラジオでも行われています。テレビでも広告を視聴しているときの電気代は視聴者負担ですよね。ですから、これの延長で考えれば、「コンテンツの合間に広告を表示すること」は、ある程度は社会の中で暗黙に合意が成されていると考えられます。

一方、今回の「マイニング」は新しい技術ですので、まだそうした暗黙の合意はありません。ここが「違法性」に繋がる根拠とされています。もちろん、予めの合意がなくても、サイトのポリシーなどで説明すべきだったと思います。ただ、このマイニングで得られる報酬は極めて僅かなものです。専用のコンピュータが何千何万も並んでいるマイニング工場に比べて、パソコンやスマホの計算能力はたかがしれています。実際にどの程度の報酬を得ていたのかわかりませんが、よほど多くの閲覧者が長時間閲覧するサイトでなければ、現実的な金額にはなりません。これは通常の広告で得られる収入を下回るもので、稼ぎたかったのであれば素直に広告を掲載すれば良かったのです。むしろ、技術的実験の性質が強かったと思われ、これが、悪質性が低いと思う理由です。もちろん、これは程度問題で、マイニングソフトをインストールさせて常時フルパワーでマイニングさせるようなことであったなら、かなり悪質だと思います。今、公開されている情報によると、今回はそういう悪質なものではなかったようです(注:追記1)。

 

そもそも、Webサイトの運営や、色々なアプリ・サービスを提供するには、多くの経費がかかっています。ですが、多くのWebサイトやアプリが実質無料で提供されていますよね。その裏には、広告収入で管理運営費を賄っているものが多くあります。テレビの民放無料放送も広告頼みです。広告は、多くの場合、ユーザの利便性の妨げになっていますが、ユーザが許容範囲だと思う範囲で広告を流します。広告業者は、効率よく広告を配信するために、閲覧者の好みを把握しようと色々な仕掛けをしています。最近探した商品の広告が出ていたりしませんか? EUでは、この広告最適化のほうをプライバシーの観点から問題視しています。

広告を使わず、サイトの運営費を賄うことができれば、運営者も閲覧者もより幸せになれるかもしれません。そうした技術的試みの最先端が「閲覧者によるマイニングサポート」なのです。この技術は、先ほども述べたように、うまく調整すれば、一部の動画広告よりも閲覧者の負担は少ない場合もあります。とりわけ、スマホの場合は動画広告の使う通信料金(パケット料金・「ギガ」)はかなり多くなります。また、スマホにプリインストールされているアプリの中には、スマホのリソースを勝手に使うものもありますが、ずっと違法性は指摘されていません。旧来からあるものだから暗黙の合意があるとされ、新しい技術は、よくわからないから合意がない、即ち違法、という法の拡大解釈は極めて乱暴です。

まして「違法行為の疑い」だけでサーバ類を押収されるのであれば、弊社のような小規模企業は潰れてしまいますし、新しい試みができなくなります。大企業がやってる事は正しいけど、よく分からない人がやってるよく分からないものは悪いもの、今回検挙された人たちも、よく分からないけど悪いことをしたに違いない、そんな国にはなって欲しくありません。ただし、問題がないわけではないので、線引きは必要になると思います。

追記1

詳細が公開されると、やややり過ぎと思える例もあるようです。

追記2

マイニングスクリプト(プログラム)を自作した人が、ウイルス作成罪に問われていますが、マイニングプログラム自体はウイルスのような悪い物ではありません。

Posted in Web

とある週末、知り合いの社長の奥様がそろそろ車を買い換えたいというので、高級車が並ぶディーラーへお供することになりました。

一足早く、愛車のK11マーチで乗り込んだのですが、車を見るなり「ここはお前の来る所じゃない」オーラ全開の店員達。ま、実際、私の買えるような値段の車はありませんけどね。

そこに、少し遅れて、奥様がやってきました。

本当の「お客様」が来たので、態度を一変させて「○○様、こんにちは。こちらへどうぞ。」と出迎える店員。奥様は、壁際に突っ立っていた僕を見るなり「あら、あなた、試乗でもさせてもらえば良いのに」とおっしゃるので、こちらも苦笑い。

すると、ソファに腰掛けた奥様が店員にこう言ったのです。

「あなた、この子(私のこと)がせっかく見に来とるのに、(試乗車に)乗せてあげんさいやね。そりゃね、今はここの車は買えんかもしれない。でも、がんばって、いつかここの車を買おう、と思わせるのがあなたらの仕事でしょう? それなのに、人を見た目で判断して、買いそうな客だけを相手にしとったら、そりゃあ、ブランドが営業してるだけよ。」

なるほど、それは私も耳が痛い。これまでの職場はレベルの高い職場だったので、自分まで偉くなった気がしていたなあ。営業職ではなかったけれど、まさに自分も「ブランドの営業」だったなあ、と思いました。

「あなたも、肩書きの無い名刺で600万円の車を売ってみなさい。」

若くして夫婦で独立され、成功してきた奥様らしい言葉でした。社長に聞くと、バブル崩壊の時に大胆な不動産投資で大損を出した社長を尻目に、手堅い投資でそれ以上の運用益を出し続けてきた奥様に、社長も頭が上がらないとか。さすがです。


僅か18試合なのに、ペナントレースの調子を大きく左右する、日本生命セパ交流戦が今年も始まりました。我らがカープは強力西武打線の前にボロ負けのスタートとなりましたが、皆さんの応援するチームはどうでしたか?

交流戦はホーム・ビジターの片方でしか試合がありませんし、試合数も少ないので、なかなか統計上も扱いにくいんです。カードが一巡するまでは計算が不安定ですが、一巡したら終わってしまうという、統計泣かせの制度です。

でも、普段対戦しないチームの選手を見たり、応援歌を聴いたりと、交流戦ならではの楽しみはすっかり定着したんじゃないかと思います。初日を見ると、今年もパリーグ優勢の予感。なんとか5分で抜けたいものです。

交流戦が終わると、ペナントレースも中盤の6連戦ラッシュに入ってきます。だんだんリーグ優勝関連の数字も動きが固まってきます。熱帯並に圧に日本では、真夏の試合でホーム球場のコンディションがスタミナの消耗に係わってきそうですが、それは言っても仕方の無い事。一層の応援で暑さを吹き飛ばしましょう!