大人になるとちょっとした風邪ではなかなか休めませんよね。そんなときに便利なのが市販の風邪薬です。最近は市販薬でもかなり症状を抑えてくれる強い薬が手に入りますね。でも、これは、風邪を治してくれるわけではありません。残念ながら、2018年現在、風邪を治す薬はまだありません。

しかし、風邪の引き始めで、今日は帰ったらゆっくり休める。そんなときオススメなのが、あえて熱を出してしまう治し方です。体温を上げる食べ物、生姜湯や葛根湯を買って帰りましょう。ご飯の前に飲みます。ご飯は30分ぐらいしてから少なめに。

そして寝ます。長袖長ズボンのパジャマを着て、シーツを追加してぐっすり寝ましょう。寝るときには、ちょっと変ですが、寝ることに集中して下さい。「なんとなく」寝るんじゃダメなんです。

目覚めたとき、汗だくになって体温が下がっていたら成功です。シーツを洗って土曜日を気持ちよく過ごしましょう。もしひどくなっていたら、土曜日でもやっている病院に行って下さい…。

ちなみに、熱が下がるときに寝汗をかきますが、汗をかくと熱が下がるわけではありません。この因果関係を間違っている人が結構多いので気になります。

「体温を上げる食べ物」は、Webで探せば色々出てきますが、各自の体質や食習慣にも大きく依るので、自分なりに良いものを見つけて下さい。民間療法なので、全く合わない人も居るかもしれません。お酒はごく少量まで。もちろん冷たいお酒はダメですよ。たくさん飲むと、内臓が眠れないので「ぐっすり」眠れないし、体深部の体温が下がるんです。寝付きが良くなるような気がすると思いますが、眠りが浅くなっちゃうんですよね。

これは、体温が高い状態と、ぐっすり眠っている状態が、免疫の働きを助けるからなんだろうと思います。普段から、お腹を冷やしていたり、ぐっすり眠れていない人は、30超えると体に出ますよ~。そもそも、いわゆる「感冒」(ウイルス性ではないもの)が起こる原因はよく分かっていないのですが、私は、体がバランスを戻そうとしているのだと思うのです。わざわざエネルギーを使って熱を出したり、頭を痛くして行動を制限しようとしているのですから、何か意味があると。本来、生き物が持っている自己調整機能があっても不思議では無いですよね。だから、それをうまくいかしてやろう、というライフハックです! 「西洋医学より東洋の葛根湯」を勧めているわけではありませんので、症状によって適切な処方を受けて下さい。

経営者は健康管理も大事! 睡眠と運動をうまく組み合わせて下さい! 運動も体温を上げる良い方法ですので、また書きますね!


Comments are closed