Xeon Phi のインストールメモ

ハードウエア構成

Intel Xeon Phi 5110P × 2
60コア × 1.053 GHz × 2(FMA) × 8演算(512bitSIMD) × 2基 = 2021.76 GFLOPS
Intel Xeon E5-2620 v2 × 2
12コア × 2.1(2.5)GHz × 2スレッド(HTT) * 2演算(SIMD) ×2基 = 201.6(240) GFLOPS

合計 2223.36(2261.76) GFLOPS (括弧内はTurboBoost時)

 

MPSSパッケージをとってくる。
# w3m ‘http://registrationcenter.intel.com/irc_nas/3778/mpss-3.1.2-rhel-6.5.tar’

解凍してインストール
# tar xvf mpss-3.1.2-rhel-6.5.tar
# cd mpss-3.1.2/
# yum localinstall *.rpm

カーネルモジュールを weak-update リストに登録
# ls /lib/modules/2.6.32-431.el6.x86_64/extra/mic.ko | /sbin/weak-modules  –add-modules

MPSSサービス開始
# /etc/init.d/mpss start

自動起動の設定
# chkconfig mpss on

各自ホームディレクトリで鍵ペアを作成
$ ssh-keygen

公開鍵をMICに取りこみ
# micctrl –resetdefaults

MIC に /opt/intel を mount
micctrl –addnfs=/opt/intel –dir=/opt/intel

もちろんホスト側の /etc/export の設定が必要。


コメントを残す