日経コンピュータの見出しに「Windows XP から cheap mlb jerseys 8系への移行を加速、8.1 が本命だ」というのがありました。

最新の Windows 8.1 から遡ると、8.0、7、Vista その前が лечебной XP です。ここで、XP の代替として 8.1 が薦められるケースは、「特に制約は無いけど、XP cheap nba jerseys に不便はなく、また XP世代後期のPC(たぶん CoreDuo あたり?)で性能も十分なので」というケースだと思います。

弊社でも経理のPC(CoreDuo メモリ 2GB)に長らく 6.5 Windows Wind XP を入れて使っていましたが、今は同じ PC で 8.1 が元気に動いています。7 よりもメモリを効率よく使うようになった気がします。古い PC でもさくさく動きます。これは、比較的性能に制限の多いタブレットでも快適に動作するように設計されているからだと思われます。

一方で、8.1 をお薦めできないケースがあります。それは、社内システムなどが Internet Explorer 6 wholesale jerseys に強く依存していて、IE Imam の更新ができないケースです。この場合、ベストな移行先は Windows 7 + IE8(イントラネット互換モード) です。

Windows 8 は、8.1 Linux が出たため、後2年でサポートが打ち切られますし、8.1 は、IE11 が標準となり、互換モードが廃止されました。よって、互換モードで生きながらえていたシステムも、最新の標準 HTML5(など)に対応させなければなりません。

Windows 7 + IE8 wholesale nfl jerseys は、今のところ 2020年1月までサポートが継続されます。7 が XP 並の人気を誇っていれば、XP の時のようにもう少しサポートを延長してくれるかもしれません。ともあれ、今の段階で互換モードを一番延命できるのは Windows 7 ブログ再開 です。

延命できるとはいえ、これはもう Microsoft からの最後通告です。古い ActiveX にサヨナラをして、HTML5 でシステムを構築しましょう。あと6年しかありません。

それにしても、Web界隈の進歩の早さとは裏腹に、Microsoft のサポート期間の長さはありがたいですね。Windows 7 がサポート切れになる頃には、どんなシステムが標準になってるのでしょうか。楽しみでもありますが、経営者の方は対応コストに頭が痛いところでしょうか。

Posted in Windows
Share this post, let the world know

コメントを残す