RedHat Enterprise Linux 6.5 が登場しました。(記事)

主に基幹・大規模サーバ用の変更が目立ちますが、SL,CentOS に降りてきたら、小規模サーバでの変更点も見ていきたいです。

6.3 wholesale jerseyscheap nba jerseys 6.4 の時に、XFS+NFS4 ????? の環境で kernel cheap nba jerseys panic Vacancies が出る不具合が入ったことがあったので、今回も自動アップデートには勇気が要りますね。
通常は RHEL の安定性には定評があるので、アップデートに躊躇することは少ないのですが。

ちょっと気になっているのが、php のバージョンです。
php 5.3 は開発元がサポートを打ち切って、RedHat が独自にパッチを当ててセキュリティ対策をしているのですが、これが ブログ再開 5.5 Affen 等になると、古い php wholesale mlb jerseys アプリ/フレームワーク が動作しなくなる恐れがあります。
これは、6.x ではバージョンが維持されても、RHEL7 wholesale nfl jerseys ではバージョンアップされるでしょうから、大きなシステムを運用されている方には頭が痛いかも。

ー追記ー

php は php-5.3.3-26 Use のようです。カーネルも kernel-2.6.32-431 のようですが、RHEL wordpressをインストール はカーネルに多くの機能をバックポートしてくれるので、バージョン番号が当てになりません。

Posted in Linux
Share this post, let the world know

コメントを残す